配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07




インカムゲイン狙いの投資にソーシャルレンディングと言う選択肢

a1180_012210.jpg

■ ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)

この度、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」を運営しているけにごろう(中田健介)さんからお声掛けいただき、発売前のけにごろうさんの著書『年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!』を一足先に読ませていただきました^^

どういった内容かと言いますと、小見出しにも書いてある通りソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)関係の話です。

これは余談ですが、ブログ運営から書籍出版はうらやましい限りです。私もゆくゆくは書籍の出版などねらっているのですが・・・(^_^;)

>> ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)って何?

ソーシャルレンディングというのは、簡単に言ってしまうとお金を借りたい人と貸したい人を結びつける仕組みのことです。

イメージ的には、銀行と言ったところでしょうか。お金を借りたい人に対して、お金を貸すかどうか検討して、貸した場合にはそれに見合った金利をもらっていく、と言った感じです。

※だいぶアバウトに書いてます

>> 書籍の詳細

ここからは、けにごろうさんの書籍の詳細について書いていきます。なお、書籍概要についてけにごろうさんもご自身のブログで書かれていますので、参考にしてみてください⇒(告知)著書を出版することになりました



年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!

・発売予定日:3月7日(土)

・出版社:ぱる出版

・価格:1,500円(税込1,620円)

・目次

序 章/「銀行預金では物足りない、株やFXは怖い」あなたへ
★投資初心者の私が4年間連続で利回り6.8%以上をあげた融資型クラウドファンディング」とは?

第1章/融資型クラウドファンディングの基礎知識
★1万円からできる・誰でも7%の金利収入が得られるネット時代の新しいお金の働かせ方

第2章/実践! はじめての融資型クラウドファンディング
★なぜ融資型クラウドファンディングで損をする人は1%以下なのか

第3章/《参考編》
★さらにステップアップを目指す人のために



各章について、簡単にその内容と、私が思ったことを書いていきます。

『序章』

融資型クラウドファンディングの簡単な説明や、なぜこの投資を始めたのか?といった、つかみの部分です。

『第1章』

この章では、さらに詳しく融資型クラウドファンディングのしくみが解説されています。また、国内で融資型クラウドファンディングのサービスを提供している会社の概要についても紹介されています。その他に、融資型クラウドファンディングにかかわる専門用語の解説、メリット・デメリットの紹介もされています。

私はある程度投資経験がありますし、融資型クラウドファンディングについても過去に少し勉強したことがあったのですが、改めて理解を深めることができました。

なお、この章で引っかかった部分としては、株や投資信託は多額の初期費用が必要と言った記述です。ある程度投資している人ならわかってると思いますが、投資信託ですと月々500円から積み立て可能ですからね。

また、他の定期的に利回りが得られる商品との比較もありましたが、そもそも商品性が違うものを比較しても意味はないと言われています。なので、特に目くじらを立てるようなことでもないですけど、どういったものに投資しようか考えている人にとって、ミスリードとなる可能性もあるのかな?と感じました。

『第2章』

この章では、国内で融資型クラウドファンディングのサービスを提供している4社について、それぞれどういったサービスを提供しているのか、資産保全のしくみ、借り手の審査のしくみであったり口座開設の流れが解説されています。

またその他に、各社代表へのインタビューも掲載されています。本格的に融資型クラウドファンディングを利用する人にとって、有用な内容になっていると言えると思います。

『第3章』

第3章は、各社サービスの比較がされています。第2章の繰り返し的な側面もあり、ちょっと胃もたれ気味ですかね。

また、ここでは融資型クラウドファンディングに関する税金の話も書かれています。正直、これはステップアップと言うより、基礎的な話かもしれませんね。しっかり読んでおいたほうがいいですよ。

>> 書籍を読んでみての感想

結論としては、融資型クラウドファンディングに興味がある人、これから投資しようと思っている人は読んでおいたほうがいいでしょう。また、どういった金融商品があるのか、その概要は把握しておいたほうがいいと思いますので、インカムゲイン狙いの投資家も読んでみてください。

正直この分野はまだまだマイナーであり、その存在を知られていません。ただ、仕組み自体はこれからの時代にあっていると思いますし、詐欺的な話ではありません。

アメリカではレンディングクラブと言ってニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場している会社もあり、一定の信頼度はあると考えられます。

そういった点から、融資型クラウドファンディングはこれからさらに成長することが期待されており、何も勉強せずにただ批判・敬遠するのはよくないでしょう。私自身今のところ利用してはいませんが、興味はあります。これを扱っている企業が将来的に上場すれば参入者も増え、将来的にもっと使い勝手もよくなっていくと思います。

そういったことから将来有望の金融商品と言え、今のうちに概要だけでも学んでおく価値はあると言えるでしょう。

⇒ 年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!

最後に、ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)についてはおもうところがいろいろありますが、今後このブログであったり、ほかに運営している株式投資で幸せインカムゲイン生活でも書いていくかもしれません。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/1277-9ae50963

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク