配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06




配当性向による増配余力の推定

配当性向は、利益に占める配当金額の割合のことで、利益のうちどれくらいを配当に回しているのかを知る指標です。

この配当性向の大きさを持って、今後増配の可能性があるのかを判断するアプローチをしています。

もちろん、この指標だけで判断を下すわけではないのは言うまでもありませんが。

さて、配当性向からどういったことが考えられるのか、ということについてですが

まず、利益に対して無理な配当を行っていないのか、ということが読み取れます。

稼いだ分から株主還元をする、というのが基本です。

そう考えると、配当性向はひとまず100%以下であればいいということになりますが、企業は利益を上げていくためにも投資であったり

事業を安定的に継続していくためには、内部留保も必要だと考えられます。

そう考えると、だいたい3割程度が目安となりそうです。

ただし、成長企業であったり、そのほか業種などによってこの値の適正地が変わる点には注意が必要です。

また、配当性向で配当余力を推定する場合には、その企業の利益の安定性を勘案する必要があります。

いくら今配当性向が低いからといっても、利益に大きなブレがあるようではなかなかうまく機能しないのが、この指標の特徴でもあります。

そう考えると、やはり俗にいうディフェンシブ銘柄を中心に配当性向という指標を使っていくのがいいのではないか、と考える次第です。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/208-1ae8a05a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク