配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09




持ち株のチェックをしてみる

a0002_003652.jpg

現在、持ち株は下記の通りです。

1 ショーボンドホールディングス(1414)
2 エス・エム・エス(2175)
3 テンポスバスターズ(2751)
4 アークランドサービスホールディングス(3085)
5 ファンデリー(3137)
6 コラボス(3908)
7 ショーケース・ティービー(3909)
8 日本エス・エイチ・エル(4327)
9 レントラックス(6045)
10 ワークマン(7564)
11 ハイデイ日高(7611)
12 イオンディライト(9787)
13 ステップ(9795)

13銘柄と、やや多めです。減らす方向で行きたいんですけど、なかなか難しいところなんですよね。

そこで、各銘柄について再度チェックして、整理していくことにしました。

なお、各銘柄についてざっくりとした分析をしますが、詳しい分析については別サイトの記事で行っています。

⇒ 詳しい銘柄分析はこちら

■ 銘柄分析

1 ショーボンドホールディングス(1414)

業績は悪くないですが、純利益の成長率(2011-2018)が6%程度と低いです。分類としては、低成長株と優良株の間でしょうか。

予想PERの推移を見ると直近3年の高い水準となっており、売却も検討したいところ。

増配を繰り返していて、配当狙いとして保有を継続しても良いんですけどね。とりあえず、大幅な増益で株価が急上昇する、といったシナリオは見えてきません。

2 エス・エム・エス(2175)

純利益の成長率(2011-2018)は約21%で、急成長株の分類です。

予想PERは約45倍で直近3年の高値水準にあり、バリュー的には売却も検討したいところ。

少なくとも、買い増しのタイミングではないと考えています。

3 テンポスバスターズ(2751)

純利益の成長率(2011-2018)は約20%で、急成長株の分類です。

本業というか主力事業の調子が悪いところではありますが、飲食は目を見張るものがあります。

予想PERは約18倍で、他の株式を売ったお金での買い増しも検討したいところ。

4 アークランドサービスホールディングス(3085)

純利益の成長率(2010-2017)は約17.5%で、急成長株の分類です。

拡大路線でまだまだ成長していきそうですが、いかんせん予想PERが約40倍まできてます。

直近3年で見てもかなり高い位置で、利益確定した方が良いのかなと思案中です。今のところ、保有している半分を売っておこうかなと思ってます。

5 ファンデリー(3137)

純利益の成長率(2013-2018)は約15%で、やや急成長株の分類です。

規模が小さく、今後伸びていきそうな感じはありますが、新工場がどう転ぶのか全くわかりません。

今後大きく伸びていきそうな期待もありますけど、新工場のお金をどう用意するのか、その新工場の使い方のビジョンが示されるまでは現状の持ち株数維持で行こうかなと思ってます。

6 コラボス(3908)

純利益の成長率(2013-2018)は約24%で、急成長株の分類です。

予想PERは20倍で、直近で見ると平均をやや下回る程度となっています。

なんか人気が無い感じですが、買い増しもありかもしれません。

7 ショーケース・ティービー(3909)

純利益の成長率(2012-2017)は約25%で、急成長株の分類です。

正直、事業ポートフォリオが把握できてないので、持っていて良いのかなと思ってます。

予想PERは60倍近くて、高い水準ではありますね。

8 日本エス・エイチ・エル(4327)

純利益の成長率(2011-2018)は約8%で、優良株の分類です。

予想PERは16.6倍で、直近で見ると高めの位置にはいます。ただ、高すぎるといった感じではないですね。

買い増しもありかなとは思いますが、様子見の方がいい気もします。

9 レントラックス(6045)

純利益の成長率(2014-2018)は約37%で、急成長株の分類です。

成長率は高すぎる感じがしますね。予想PERは17倍で、成長率と比較するとかなりやすい感じがします。

ただ、その勢いも年をおう毎にトーンダウンしているのと、ユーザー側からの評判が芳しくなくなってきているのが気になるところ。

売却の方向で考えています。

10 ワークマン(7564)

純利益の成長率(2011-2018)は約15%で、やや急成長株の分類です。規模からすると、優良株といった方が良いかもしれませんね。

予想PERは19.4倍で、直近3年で見ると平均を下回っています。

大幅な上昇は見込めなさそうですが、堅実な感じがしますね。買い増し候補と考えています。

11 ハイデイ日高(7611)

純利益の成長率(2011-2018)は約10%で、優良株の分類になります。

予想PERは32.9倍で、直近3年で見ても高水準です。高くなってきており、売却も検討したいところですが、思い入れのある株式で売りにくいんですよね。

銘柄に惚れるなといいますが^^;

直営店主義で、まだまだ関東で戦っていくということなので急激な成長は望めませんが、保有は継続していく方向で考えています。

12 イオンディライト(9787)

純利益の成長率(2011-2018)は約7.4%で、優良株の分類になります。

予想PERは20.7倍で、直近3年で平均値より高い位置にはいますね。

ただ、増配が続いていますし、そこまで高い位置ではないということで保有は継続していきたいところ。買い増しは、タイミングじゃないかなと思います。

13 ステップ(9795)

純利益の成長率(2011-2018)は約10%で、優良株の分類になります。

予想PERは14.3倍で、直近3年で見ると高い水準ではありますね。ただ、やたら高いというレベルではありません。

買い増しもありかなとは思いますが、タイミングではないような気もします。

⇒ 個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方はこちら

■ 投資後方の分析

持ち株はあまり増やさないようにしたいところですが、銘柄入れ替え候補の分析もしっかりしておきたいところです。

アーリーリタイア(セミリタイア)ブログ一覧

おすすめの個人投資家ブログ一覧

投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】

スポンサードリンク


※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/2484-e48f7248

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報

スポンサードリンク