配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07




テンバガー(10倍株)は投資家の夢

☆テンバガー☆

NAVERまとめの記事”テンバーガー(10倍株)銘柄(株式投資)”を見てみますと、2013年にテンバガーとなったのはやはり不動産やバイオ、スマホがほとんどを占めておりました。

なぜこういった業種が上位に飛び込んでくるのかと言いますと、ケインズの美人投票という話からも分かる通り、人気を集めやすいからというのがありそうです。特に2012年末からはアベノミクス、2020年のオリンピックが東京に決まったことなどを背景に資産株に注目が集まったことから不動産は真っ先にテーマ株として買われることになりました。

また、バイオは業績から見て買えないものが多いものの、高成長を意識させること、また(これは個人的な考えですが)知的な業種であり、だいたいの人にはわからないようなことをやっているということが買いを集める要因となっているのではないでしょうか。つまり、夢を見やすいということですね。

次にスマホですが、こちらは単純に今後もマーケットの存在感が増していくこと、うまくいけばその企業の収益が短期間に上昇していくことから、思惑が働きやすいためと考えられます。

また、2013年中にテンバガーと考えると、テーマがなければそこまでの上昇は厳しそうです。そうなりますと材料トレードをやるような感じになりますが、振り回されすぎるきらいもあり、私はそういった銘柄には乗れそうにありません。

ただ、テーマ株でなくとも収益をしっかりあげている(今後も収益の拡大が期待できる)のに、ファンダメンタルズと比較して不当な評価がされているような銘柄を保有することでテンバガー、もしくはそれ以上の成績を上げられると考えていますので、焦ってテーマ株に飛びつくようなことはしません。

※あくまで個人的意見で、こうすれば儲かるというものでもなければ、特定の投資手法を批判するものでもありません。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/538-fd2eca8c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

素人がハマっている必負法 3/3 ~上がったら細かく利確する株式売買の行く末

株式市場の市場参加者はFXに比べると、資金量的に質が高い。100万円未満は稀で500~1000万円程度が多く、そこから永遠に成長しないので、2000万円超になると急激に数が減るw なぜ、いわゆる個人投資家の多数が500-1000万円で停滞しているのか? 株で勝ちきれていないから成長しないのではあるが、その原因は、FXのゴミと同じ、ちょっと儲かったら売る というチマチマした取引をしているからで...

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク