配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06




企業分析シートの作り方・使い方

☆企業分析シートについて考えてみました☆

まず初めに、私がいつも使っている企業分析シートの内容について下記に例示します。

<例>

toubu140309.jpg

toubu14030901.jpg


<何を記録するか?>

①売上高/増収率

これは必須ですね。売上高は収益の源泉であり、この部分が拡大するということは、社会での存在感が高まるということを意味しますので、重視するべき項目です。また、増収率の枠も作成しておきましょう。

②営業利益/売上高対営業利益率

有価証券報告書には載っていないのですが、営業利益も重視すべき項目です。営業利益とは、本業でどれだけ稼ぐことができたのかを示すものです。また、売上高対営業利益率も記録しておきましょう。

営業利益率を見ることで、事業を行う上でどれだけコストがかかっているのかということを知ることができます。ちなみに営業利益とは、売上高から売上原価と販売費及び一般管理費を引いたものです。

この数値が毎年高くなっているのであれば、コストコントロールがうまい、または売上原価が下がっていると推察されますので、企業が利益を上げられる体制になっているのか?などを考える手がかりとなります。

③純利益/増益率

企業を見る際には、利益がどれだけ出ているのかが大切であり、最も重要な項目です。株価はランダムに動きますが、長期的には収益で決定づけられます。また、利益に対して株価が高すぎるのか、または安すぎるのかを知るための指標であるPERについても合わせて見ておきたいところです。また、増益率についても記録しておきましょう。

④総資産/株主資本/株主資本比率

総資産と株主資本、またその数値から株主資本比率(株主資本÷総資産×100)も記録しましょう。後述する、ROE、ROAの計算でも使用します。

⑤ROE/ROA

ROEは株主資本に対する利益率(純利益÷株主資本×100)、ROAは総資産に対する利益率(純利益÷総資産×100)であり、いくら使っていくら稼げたのかを知るための指標です。ROEは最近日本でも重視され始めていますが、ROAについてもしっかり押さえておきましょう。

ROEの場合、借金が多く、株主資本が低い場合分母が小さくなることから、高めに出ることもあるため総資産でみるROAも重要です。

なお、一概にいうことはできませんが、両方とも10%を超えていればまずは合格点と考えられます。

⑥発行済み株式数

発行済み株式数を時系列で見ることによって、増資をする傾向にあるのか、それとも株主分割を繰り返し拡大しているのか、または自社株買いが行われているのか(自社株買いされると、その分発行済み株式数は減少)を確認できます。また、発行済み株式数が変動すれば1株利益や1株当たりの配当も変わるため、後々の計算にも必要です。

⑦1株益

1株あたりの利益(EPS)も記載しておきましょう。

⑧年間配当/配当性向

年間でいくら配当が支払われるのか、またその配当性向についても記載しましょう。なお、配当には時折記念配当があるため、配当が普通配なのか、それとも記念配が上乗せされているのかも記載しておくと便利かもしれません。

また、利益に対してどれだけ配当を出しているのかを知るための指標である配当性向(1株配÷1株益×100)も計算しておきましょう。高配当株であれば大体、この数値が50%以上となっております。

今後増配する余力があるのか、または無理に配当を出していないかのチェックにも利用します。

⑨キャッシュフロー(営業・投資・財務・現金キャッシュフロー)

お金の流れを知るための指標であり、現金がどのように動いたのかを把握するものです。まず、営業キャッシュフローがしっかりプラスを維持できているか、また投資が無理のない範囲で行われているのか、財務活動はどのようになっているのか(増資や配当の支払い)を把握します。加えて現金キャッシュフロー(現金及び現金同等物)が減っているのか、増えているのかも見ておきましょう。

もし増加傾向にある場合、経営の自由度が増すことに加え、財務基盤も強化されていくと考えられます。

この項目を全体で見た場合、投資にあまりお金をかけることなく稼ぐことができ、現金キャッシュフローが順調に伸びている企業が理想です。現金及び現金同等物が増える一方、目ぼしい投資先がない場合などは、株主還元の強化も期待されます。

⑩CAGR(複利ベースの年成長率)

売上高、営業利益、純利器、配当において、年率複利ベースでどれだけの成長率となっているのかも計算しましょう。この数値を基本とし、ピーター・リンチ氏の6分類(低成長株、優良株、急成長株、資産株、市況関連株、業績回復株)を実行します。※もちろん、そのほか業種であるとか、売上高、純利益の推移も加味します。

以上が、企業分析シートに記載したほうがいいと思われる項目一覧です。その他の項目については、投資戦略などを考えて必要とあれば追加していきましょう。

最後に一言”企業分析シートは、その企業について知る、自分が何をしたいのかをまとめるためのきっかけになる”

ということです。これをきっかけに、さらに定性的な分析も加えていくことが重要です。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/598-e02d92c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク