配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07




私の投資勉強法

投資の勉強と言っても何をすればいのだろう、という方もいるかもしれないので私がどのように勉強してきたか(しているか)をお伝えしたいと思います。

まず投資を始める前にある程度勉強してました。

20歳になってからであれば未成年口座の開設など手間がかからないので、それまではダイヤモンドZAIと言う初心者向け雑誌で勉強していました。

この雑誌は面白いけどマニアックな漫画があり、結構好きで読んでました。ただ内容変更があってからは買わなくなってしまったのですが。

雑誌では基本的な初学者用の特集も組まれているので続けて読んでいればある程度知識はついてくると思います。

ただ体系的に勉強できるかと言えばそういうわけにもいきませんし、投資手法などのほか、どんな株が買いなのかなど実に様々な情報が載っており、そういった知識ばかり詰め込みすぎると初めから頭でっかちになってしまうかもしれません。

それと、知識だけ豊富になっていくとなんだかすでに儲かりそうな気分になり、はじめから無謀な取引に手を出してしまう危険性もあるのでその点にも十分注意してください。

ちなみに私は投資を始める前、いろいろ勉強してたのですが割とまじめに1円の株を買って2円で売れば簡単に倍々ゲームになるんじゃ?と考えていました。

ただ実際には買うまでに時間がかかるし、売るまでにも時間がかかるなどの問題があってそうはうまくいかないということを後に知ることとなります。

また投資は感情が絡みます。いくら理論上こうすれば儲かると思ってもなかなかそのようにはいきません。

なので、投資を勉強するためにはある程度勉強したらさっさと口座を作ってお金を入れて売買してみることだと思います。そうして売買しながら勉強するのが一番いいでしょう。

そのためにまず読むべき本としては「ZAiが作った株入門」を常々すすめております。

この本を一通り読んだら即実践!してみてください。

その際は大きな損失を出し相場から退場しないように心掛けてください。小さな失敗は何度でもしていいですが、大きな失敗をしてしまうのは避けるべきです。

元金が小さくなればなるだけ、同額稼ぐために多くの利回りが必要になりますからね。

とここまでが初学者向けの説明です。

次は投資をしながらどのように勉強していくのかということですが、まずは投資期間を短めにしていろいろ売買してみるのがいいと思います。その過程でどれくらい損が出たら嫌になるのかということや、日々の生活の中で投資にどれくらい時間が割けるのかなど自分の投資スタイルを作るための基礎データが集められることとなります。

そうして集まったデータをもとに、自分の投資スタイルを確立するために関連した専門書籍を読んでさらに強固なものにしていく作業が必要です。

例えばそんなに時間をかけられないし、投資も思ったより情熱が入らないということがわかったらインデックス投資。短期的な動きは読めないし、常に株価を見ているのは疲れるというのであれば長期投資というような具合です(あくまで簡単な例ですが)。

ちなみに私の投資歴としては「短期売買(デイトレまがい)⇒スイングトレードみたいなもの⇒長期投資崩れ⇒インデックス投資単体⇒長期個別株投資+インデックス投資」となっており、やっとある程度固まってきたところです。

元来移り気な性格なものでいろいろ苦労しましたが。

その時々で本当にいろいろな本やサイト、そしてブログを読み漁りました。

その中でも投資の勉強になったというものを紹介して終わります。

・ピーターリンチの株で勝つ

この本は私の銘柄選びの根幹となっています。どのように銘柄選択すればいいのか、投資に際してのマインドや具体的な売り時の考え方などいろいろな情報が満載で、個別株の長期投資をするのであればひどくだと言えます。

ただアメリカの話が中心なのでところどころ読みづらいんですけどね。

・資産運用実践講座Ⅰ&Ⅱ

正直結構難しいですし、投資と言うより資産運用・資産形成の分類に入ります。ただ内容が濃密で、非常に勉強になります。

運用計画の作成方法や長期投資でリスクは縮小するかなど、興味深い記事が満載です。

・長期投資で日本は甦る!

さわかみ投信の澤上さんが書いた本で、長期投資とはどういったものなのか。その心構えが学べます。

その他にもいろいろあるのですが、今回はここまでです。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/643-16594ffe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク