配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07




LCCのビジネスモデル

a1180_013406.jpg

■ LCCのビジネスモデル

参考:LCC実態…弱かった「採用競争力」パイロット不足で欠航相次ぐ(SankeiBiz、リンク最終確認:2014/05/17)

参考:ビジネスモデル・キャンバスで企業分析(株式投資で幸せインカムゲイン生活)

LCC(Low Cost Carrier)の実態と言うことで記事が出ていました。最近何かと話題ですが、現在経営資源の確保が問題となっているようです。

>>なぜ安いのか?

これはすでに広く知られていることと思いますが、LCCは機材であるとか余分な人員を削っていることに加え荷物の量を制限することによりコストを抑えています。

その他にも飛行機の種類を限定することでもコストを下げていますし、飛行機の免許は機種ごとに違うので機種を限定することでパイロットの技術向上や人員確保のコストを減らしています。

さらに大手航空会社のドル箱となるラインではなく、サブのラインを高密度で飛ばすことで収益の確保を行うというもであるです。なので安いのです。

>>今回の問題は?

ビジネスモデル・キャンバスで言いますと各項目は下記の通りとなります。

※ 主要なもののみ

顧客:安く、そして早く長距離を移動したい人

価値提案:長距離の移動手段を安く提供、余分なサービスをつけない

主要リソース:パイロット、飛行機

コスト構造:人件費、期待の購入や維持費

となりますが、今回は主要リソースであるパイロットの確保が難しくなっていることが問題視されています。

>>苦戦は続く

人員の確保が急務となってはいるものの、すぐに確保できるほど人員は余っていないようです。安全面を考慮しますとどうしてもじっくり育てていく必要がありますし、すぐにパイロットが増えるわけでもないですからね。

パイロットが確保できなければその分飛行機を飛ばすこともできず固定費の負担も重くなっていきますから、業績はなかなか浮上していきそうにありません。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/726-e08e2fca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク