配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08




配当性向の平均値を計算する方法

配当性向の平均値についてはあまり話題になりませんが、自分が投資している企業の配当性向は市場平均と比較してどれくらいなのかを調べる価値は高いと思います。

そこで、配当性向の市場平均の求め方について書きます。

まず初めに配当性向とは、税金などを支払った後の利益である純利益のうちからいくら配当に回したのかを知る指標で

計算式は、配当性向=配当金額÷1株純利益×100で求めることができます。

例)

配当額が100円で1株純利益が500円の場合、配当性向=100÷500×100=20%ということになります。

さてここで気になるのが市場平均です。

意外と調べても出てこないので、自分で計算してみましょう。

※東証一部銘柄の指標を利用

・前期基準の場合
配当利回り=2.00%、益回り=4.66%なので、配当性向=42.9%

・予想値の場合

配当利回り=2.03%、益回り=5.79%なので、配当性向=35.1%

となります(配当利回り、益回りの情報元)。

この値と比較することで、今保有している企業は株主還元に積極的かどうか類推できます。

ただし、各企業の方針や業種によって異なるので一概には言えません。

なので、自分でいろいろと考えてみてください。

配当性向は、益回りと配当利回りを使って計算できます。

計算式は、配当性向=配当利回り÷益回り×100で求められます。

なぜこれで求められるのかというと

配当利回り=1株純利益÷株価×100

益回り=配当金額÷株価×100

だからです。

読むだけだとわかりずらいかもしれないので、ぜひ紙に書いて計算してみてください。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sousharu.blog.fc2.com/tb.php/80-5c33534c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

更新情報


スポンサードリンク