配当鳥のインカムゲイン生活

インカムゲインについて書いていきます

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06




企業分析シートの作り方・使い方

☆企業分析シートについて考えてみました☆

まず初めに、私がいつも使っている企業分析シートの内容について下記に例示します。

<例>

toubu140309.jpg

toubu14030901.jpg


<何を記録するか?>

①売上高/増収率

これは必須ですね。売上高は収益の源泉であり、この部分が拡大するということは、社会での存在感が高まるということを意味しますので、重視するべき項目です。また、増収率の枠も作成しておきましょう。

②営業利益/売上高対営業利益率

有価証券報告書には載っていないのですが、営業利益も重視すべき項目です。営業利益とは、本業でどれだけ稼ぐことができたのかを示すものです。また、売上高対営業利益率も記録しておきましょう。

営業利益率を見ることで、事業を行う上でどれだけコストがかかっているのかということを知ることができます。ちなみに営業利益とは、売上高から売上原価と販売費及び一般管理費を引いたものです。

この数値が毎年高くなっているのであれば、コストコントロールがうまい、または売上原価が下がっていると推察されますので、企業が利益を上げられる体制になっているのか?などを考える手がかりとなります。

③純利益/増益率

企業を見る際には、利益がどれだけ出ているのかが大切であり、最も重要な項目です。株価はランダムに動きますが、長期的には収益で決定づけられます。また、利益に対して株価が高すぎるのか、または安すぎるのかを知るための指標であるPERについても合わせて見ておきたいところです。また、増益率についても記録しておきましょう。

④総資産/株主資本/株主資本比率

総資産と株主資本、またその数値から株主資本比率(株主資本÷総資産×100)も記録しましょう。後述する、ROE、ROAの計算でも使用します。

⑤ROE/ROA

ROEは株主資本に対する利益率(純利益÷株主資本×100)、ROAは総資産に対する利益率(純利益÷総資産×100)であり、いくら使っていくら稼げたのかを知るための指標です。ROEは最近日本でも重視され始めていますが、ROAについてもしっかり押さえておきましょう。

ROEの場合、借金が多く、株主資本が低い場合分母が小さくなることから、高めに出ることもあるため総資産でみるROAも重要です。

なお、一概にいうことはできませんが、両方とも10%を超えていればまずは合格点と考えられます。

⑥発行済み株式数

発行済み株式数を時系列で見ることによって、増資をする傾向にあるのか、それとも株主分割を繰り返し拡大しているのか、または自社株買いが行われているのか(自社株買いされると、その分発行済み株式数は減少)を確認できます。また、発行済み株式数が変動すれば1株利益や1株当たりの配当も変わるため、後々の計算にも必要です。

⑦1株益

1株あたりの利益(EPS)も記載しておきましょう。

⑧年間配当/配当性向

年間でいくら配当が支払われるのか、またその配当性向についても記載しましょう。なお、配当には時折記念配当があるため、配当が普通配なのか、それとも記念配が上乗せされているのかも記載しておくと便利かもしれません。

また、利益に対してどれだけ配当を出しているのかを知るための指標である配当性向(1株配÷1株益×100)も計算しておきましょう。高配当株であれば大体、この数値が50%以上となっております。

今後増配する余力があるのか、または無理に配当を出していないかのチェックにも利用します。

⑨キャッシュフロー(営業・投資・財務・現金キャッシュフロー)

お金の流れを知るための指標であり、現金がどのように動いたのかを把握するものです。まず、営業キャッシュフローがしっかりプラスを維持できているか、また投資が無理のない範囲で行われているのか、財務活動はどのようになっているのか(増資や配当の支払い)を把握します。加えて現金キャッシュフロー(現金及び現金同等物)が減っているのか、増えているのかも見ておきましょう。

もし増加傾向にある場合、経営の自由度が増すことに加え、財務基盤も強化されていくと考えられます。

この項目を全体で見た場合、投資にあまりお金をかけることなく稼ぐことができ、現金キャッシュフローが順調に伸びている企業が理想です。現金及び現金同等物が増える一方、目ぼしい投資先がない場合などは、株主還元の強化も期待されます。

⑩CAGR(複利ベースの年成長率)

売上高、営業利益、純利器、配当において、年率複利ベースでどれだけの成長率となっているのかも計算しましょう。この数値を基本とし、ピーター・リンチ氏の6分類(低成長株、優良株、急成長株、資産株、市況関連株、業績回復株)を実行します。※もちろん、そのほか業種であるとか、売上高、純利益の推移も加味します。

以上が、企業分析シートに記載したほうがいいと思われる項目一覧です。その他の項目については、投資戦略などを考えて必要とあれば追加していきましょう。

最後に一言”企業分析シートは、その企業について知る、自分が何をしたいのかをまとめるためのきっかけになる”

ということです。これをきっかけに、さらに定性的な分析も加えていくことが重要です。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

ストックビジネスを手掛ける企業と、高配当で財務鉄壁な企業

☆注目☆

今回は①ストックビジネスを手掛ける企業と②高配当で財務鉄壁な企業についてです。

①テクノメディカ(6678)

採血管準備装置(採血・採尿検査に関する受付業務から採血・採尿検査準備作業を自動でおこなう装置)を開発し、新しい市場を創った企業です。

これを見てもわかる通り、消耗品(採血管準備装置で使用する採血管、ラベルやハルンカップ、検査時に試薬やセンサーカード等)のほか、採血管準備装置及び検体検査装置の保守サービスも必要であることから、上記の装置を販売すればするほどエキストラ収入が生まれるビジネスモデルであり、消耗品の売上高の割合で言いますと4割強を占めております。

また、業績の伸びは物足りないですが、安定性は抜群であり、今後は苦戦している海外事業でどこまでシェアを伸ばす、または新規に開拓できるかがカギとなります。

加えて、新規事業分野の開拓(農業・食品分野向けの装置開発・販売の取組)についても、今後さらなる成長が期待される分野であるだけに、注目していきたいところです。

最後に指標についてみてみますと、予想PERが14.69倍、PBRが1.8倍、ROE(予想)が12.3%、ROA(予想)が10.3%で、自己資本比率は83.7%、有利子負債は0となっており、特に割高感はなく、購入を検討してもいい水準と考えます。

medelika140311.jpg

②日本SHL(4327)

同社は、日本国内の企業向けに採用や人事評価のツール販売、コンサルティングを行う会社です。

まず目を引くのは売上高対営業利益率の高さです。40%以上あり、ほとんどコストがかからないビジネスモデルと言ってよさそうです。あまり詳しくは分からないのですが、イギリスに本社を持つSHLグループとライセンス契約を結んでおり、開発コストなどがかからないことなどが要因と思われます。

また、投資もあまり必要としておらず、その分余ったお金は株主還元に回しているといったところでしょうか。

なお配当性向は50%を超えており、現在の配当利回りはおよそ4%。また、拡大余地はあまりないようにも思いますが、業績は伸びていることから、今後は買値に対する利回りの上昇も期待できると思います。

最後に指標についてみてみますと、予想PERが12.83倍、PBRが2.32倍、ROE(予想)が18.1%、ROA(予想)が15.6%で、自己資本比率は86.1%、有利子負債は0となっており、配当狙いの投資としては、組み入れを検討したいとこです。

shl140311.jpg

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

私の企業分析のやり方

企業分析の手法にもいろいろあると思いますが、私は基本的に有価証券報告書で確認できるところまでさかのぼり、エクセルシートに分析対象の業績、配当の状況などを打ち込むところから始めます。

その前の企業の探し方としては、基本は会社四季報を最初から最後まで1ページずつめくり、財務状況(有利子負債0、自己資本比率60%以上)の他事業内容、また純利益にマイナスがないかなどをざっと確認し、興味を持てばそこから監視が始まるわけです。

その他にも、いろいろな人のブログをフィードリーで購読し面白いと思ったり、新聞などで見かけた企業などからも情報を得ています。ちなみに興味を持てるかどうか、どういった銘柄お監視対象にするかはその人次第ですが、私の場合は、事業を拡大するのにお金がかからなそうだな、といったことや、安定的な収益が望めそうだという基準のようなものがあります。

これは今まで投資関連本などを読んできた経験則のようなもので、あまり厳密な決まりは持っていません。

さて話は横道にそれましたが、もう一度言いますと、私の本格的な企業分析はエクセルシートにデータを打ちこむことから始まるわけです。

どういったテンプレートを使っているかは、たまに行っている企業分析の記事を見ていただければと思います。

そうしてデータがそろえば、あとはその数値を見ていきます。まず売上高と純利益の伸びる速度、その間の安定度。そして企業の分類(低成長株か資産株か、市況関連株)はどうなるのか。次に一株益も順調に伸びているのかということと、発行済み株式数の推移についても確認します。

そして配当。増配傾向であることが望ましいと私は考えています(配当は2重課税になることなどから、自社株買いや配当を出さず、企業価値を高めるほうがいいとの考えもありますが)。本来であれば配当ではなく、株価の上昇のほうが税金を支払うことを繰り延べられますしいいようにも思われますが、効率的にそういった原資を活用できる企業ばかりではありませんし、株価は投資家心理も移しますので、業績がよくとも株価は下落することもあります。

そういった意味で、しっかり業績を拡大し、都度配当という形で利益の還元、ある意味こまめな利益確定ができるということから、増配をしっかりしてくれる企業を好んでいます。

さて、その次はキャッシュフローの動きを見ます。営業キャッシュフローはしっかり黒字を確保しているのか、投資キャッシュフローを見て、業績拡大にどれだけお金が必要なのか、また財務キャッシュフローでファイナンスの状況、そして現金キャッシュフローで現金及び現金同等物は増えているのか、経営に際してフリーハンドが大きくなっているのかをしかっかり確認します。

その他、財務は基本的に直近のデータで確認し、健全かどうかを見ます。そして、ROE、ROAも確認し、両方2桁あれば魅力が増すと考えます。また、予想PERを計算し、成長率などを勘案して投資対象となるか、今投資すべきかを考えています。

この基本的なデータをそろえ、その企業は今後も業績を伸ばせるのか、配当の成長率はどうか、安定的に保有できるのかということを考えるようにしています。

あとは、上記のプロセスで考え、わからない点は企業のホームページを中心に調べ、穴を埋めていきます。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

保有株の分類とストーリー

☆保有株の分類について☆

株には、大型株や中小型株、成長株であったり割安株、ディフェンシブ株など実に様々な分類法が存在しますが、ピーター・リンチ氏によりますと、大部分の投資家にとってその分類は6種類で足りるとのことです。

私自身たまに分類に困るものもありますが、ざっくりとであれその分類で考えています。

その分類とは、低成長株・優良株(中成長株)・急成長株・業績回復株・市況関連株・資産株で、その企業(株)がどの分類に入るかで、ストーリーも変わってくるという話です。

こうして書いてみると簡単なようにも感じますが、1つの株が複数の分類に入ることもありますし、企業はずっと同じではなく日々変化しているだけに、判断を誤る可能性もあります。仮に市況関連株を優良株と分類し保有してしまえば、想定以上の損失となる恐れもあります。

さてここで、勉強の意味も兼ねて、自分の保有株を簡単に分類してみたいと思います。

①日水製薬(4550)

純利益の成長から見ると優良株ですが、売上高は伸びておらず、どちらかというと配当が重視される低成長株の分類だと思います。現状ではコスト管理などで営業利益率を高めていることから純利益が増加しているものの、そろそろ限界も見え始めているように感じます。

過去を見てみると増配基調であり、様子見姿勢でいいとは思いますが、減配に転じるようだと完全に売り、そうでなくとも2015年の決算期も売上高が伸びないようであれば、保有をやめたいところ。

②あさひ

悩むことなく急成長株でしょう。積極的に投資を行うことにより拡大路線を突っ走っています。店舗数的にはだいぶ増えてきており、それに伴い売上高、また純利益も上昇。

こういった企業は拡大が止まると思った以上に売られる可能性もあるだけに、月々のデータを見ながら、減速懸念が出てきたとき、改善するのか?そのまま改善しないのか?を見極める必要があります。

③ハイデイ日高

こちらも急成長株で、関東周辺に集中的に出店しています。印象としては非常に手堅く、セントラルキッチンを設けることで、コスト削減を行っております。まだ出店余地はあり、さらなる拡大が期待されるところ。

今後600店舗を達成したのち、関西にも手を広げるのかが注目ポイント。成長の過程で多少減速する場面もありそうですが、そういった時にこそ積極的に買い増ししたいと考えています。

正直、この株には惚れてます(株に惚れるなとは言いますが^^;)。

④テンポスバスターズ

利益にぶれはあるものの、一応急成長株の分類。保有していくうえで過去のワンマン経営(なのかな)のイメージが何となく保有に不安を感じさせるような気がする。

中古厨房機器を始め、店舗運営や飲食店のアルバイト情報・サイトなど、飲食店のことなら任せてくれ!という企業で、相乗効果が今後も期待されるところ。

ちなみに、中古厨房機器はリサイクル販売で独壇場であり、その事業を基盤に業績が拡大していきそうです。

純利益は振れ幅が大きいので、減少したときにそのまま成長が終わったのか、一時的なものなのかの判断が大切ですね。

⑤平安レイサービス

低成長株ですかね。業績は安定的ですが、今一つ成長性に欠けるところ。配当は徐々に増加しているので、配当が今後どのような推移となるか注目。

ただこの株は、今後も介護事業の成長などを背景に業績拡大ペースが堅調な推移となると見ており、買い増ししたいところ。今後は神奈川県内での存在感をさらに高められるか、また集中出店して得たノウハウを生かし、地域を拡大できるかが見ものです。

株価の大幅な上昇は期待できないかもしれませんが、PERがとんでもない数値になる、といったことがなければ保有していきたいですね。

⑥イオンディライト

指標から見れば急成長株、また、ストック銘柄でもあり、私としては優良株のイメージ。

規模から言うと大幅な株価の上昇は望めないものの、配当の成長が今後も期待できる。おそらく売却するのは、PERが30倍など、適正な株価から離れてしまった時になるでしょう。

⑦アークランドサービス

急成長株で、月々の結果を見ながら保有を継続。店舗を拡大しており、その触手は海外にも伸びております。

2005年以降増収増益を維持しており、安心して保有できています。

⑧地域新聞社

当初資産株としてみていましたが、最近の株価上昇で、時価総額が現金及び現金同等物を超えたことから本来であれば売却対象です。

ただ、思った以上に最近は業績が伸びています。不動産広告などの収益が伸びたことが要因と思われ、市況関連株であることを再確認。今後は駆け込み需要の反動が出るかもしれませんが、現時点で通期に対する進捗状況もよく、保有は継続しています。

小型株であることも今後の株価上昇を期待させる要因となっており、売りづらいです。逃げ遅れないようにしないとまずいかもですね。

⑨大塚製薬

数値の上では急成長株も、上場して直近のデータのみであることと、超大規模な企業であることから、優良株の位置づけが妥当。

今後は配当の成長が期待されるところですが2015年以降の特許切れの影響をどこまでカバーできるかが焦点。しっかりした根拠はないですが、減速するも幅は小さく、数年後には現時点以上の業績になっているような気がします。

売却の判断基準としては、PERが30倍など、割高な水準まで来た時と考えています。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

フリーキャッシュフローの定義とは?

☆フリーキャッシュフローについて学ぶ☆

企業の実力を見る指標の一つにフリーキャッシュフローというものがあります。このフリーキャッシュフローとは、企業が自由に使うことのできるお金のことで、企業の実力が現れます。

さてこのフリーキャッシュフローですが、どのように計算をするのかと言いますと、キャッシュフロー計算書に載っている営業キャッシュフローを利用します。また、投資キャッシュフローまたは事業を維持するために必要なキャッシュフローも利用します。なお計算方法は2種類あり、下記の通りです。

①フリーキャッシュフロー=(営業キャッシュフロー)-(投資キャッシュフロー)

②フリーキャッシュフロー=(営業キャッシュフロー)-(事業を維持するために必要なキャッシュフロー)

①の場合、営業キャッシュフローが100億円で、投資キャッシュフローが-20億円の場合、差し引き80億円ということになります。式からするとおかしい感じになりますが、ニュアンスとしてはこの通りです。絶対値で計算するような感じですね。

②の場合、事業を維持するために必要なキャッシュフローは減価償却費を使います。

ではどちらを使ったほうがいいのかと言いますと、できれば②を使ったほうがいいでしょう。と言いますのも、投資キャッシュフローには将来のための投資分や定期預金などの投資分も含まれてしまうためです。

また、キャッシュフローを見るポイントは、営業キャッシュフローが安定的に稼げているか、上昇基調かということに加え、そのキャッシュを稼ぐためにどれだけの投資を必要としているのかを意識することです。その他財務キャッシュフローも合わせて確認し、現金及び現金同等物が増加傾向にあれば今後の展開(増配や自社株買い)に期待が持てます。

スポンサードリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
   
   株式 ブログランキングへ



※投資は必ず自己責任でお願いします。

«  | ホーム |  »

更新情報


スポンサードリンク